飛騨古川 三寺参りの準備風景 3

 さてこの三寺参りは市のHPなどでは起源は古く200~300年前からと言われていますが、
 江戸時代には檀家が各寺の報恩講にそれぞれお参りしたことがあっても、三つのお寺を巡ることは無かったようです。
 それが現在のような三寺参りの形になったのは昭和40年ころからと言うのが正しいようです。
 その頃は観光ブームで「嫁を見立ての三寺参り」として売り出したのが当たったのですね。
 最後のお寺は荒城川に架かる霞橋たもとの本光寺です。 
 橋の向こうには野麦峠を越えた女工たちの縁の旅館「八ッ三」があります。
f0290971_525237.jpg

f0290971_5253758.jpg

f0290971_5255143.jpg

f0290971_526399.jpg

f0290971_5261654.jpg

f0290971_5275718.jpg

f0290971_5264450.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-01-28 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)
Commented by pikorin77jp at 2016-01-28 00:24
こんばんは。 今夜は少し暖かく感じます。
写真のポスターを見ると 女性は みなさん着物を着ていらっしゃるように見えるのですが、、、もしポスターのように 着物の女性が多いお参りだとしたら 灯篭の灯り以外にもとても風情のある 三寺参りだなーと思いました。そして この場面に雪でも降っていれば 写真を撮る側からすると 最高ですね。
Commented by youshow882hh at 2016-01-28 00:55
こんばんは。ゆーしょーです。
1枚目の橋にも 「八ッ三」 の看板が掛かってますね。
平屋の建物が 「八ッ三」 なのですね。
雪ロウソクの上に灯篭を立てて準備が完了しましたね。
4枚目は素晴らしいポスターです。
普通、灯篭流しといえばお盆の行事ですが、古川では
1月15日にも祈願灯篭流しを行うのですね。
Commented by sikisai03 at 2016-01-28 05:15
pikorin77jpさん、おはようございます。
そうですね、今期最大の寒波が去った後だからでしょうか温かく感じます。
このまま春へ・・・と行けば良いですがそうも行きませんよね。
三寺参りの若い女性は地元民もいますが、観光客も混じっているようです。
貸衣装もあってその場で着替えて参加と言う・・・
雪も粉雪なら良いですがドカ雪だと駄目ですね~
このポスターの写真は晴れた夜なので雪を飾りに合成していますね。
Commented by sikisai03 at 2016-01-28 05:15
ゆーしょーさん、おはようございます。
旅館 「八ッ三」に付いては昨年だったかに紹介しましたが覚えていらっしゃいましたね。
昔の旅館の面影は表通りにそのまま残っている平屋造りです。
後に裏に新館が建てられたようですが・・・
このポスターは三寺参りの良い場面を捉えていると思います。
この写真が撮りたくてたくさんのカメラマンが集まるのですね。
ネット検索すると力作がズラリと出て来ます。
灯篭流しも最近発案されたもので昔は無かったです。
これも観光のお客集めの策でしょうね。
Commented by yassy127 at 2016-01-28 06:40
フラッシュをたいて雪の粒を表現してろうそくの明かりに美しい女性を
光りだして、とてもいい写真のポスターです。
これは三脚が無いと難しいですが、さすがプロですね。
お願い事をするのは女性だけですか。
お寺さんはどれも豪華な建築ですね。
女工さんの汗もお寺さんを支えてきたのですね。
Commented by ねずまま at 2016-01-28 09:34 x
霞橋。。。昨年の お越し太鼓は 昼間 雨でした。
歩く人も少なく ゆっくりと まわって この霞橋のふもと
三光台に到達。 いつもは 街の中心街しか行かないので
ここは初めて 屋台組の人達が のんびりとお茶をしている中に
入れてもらい 三光台の話を聞かせてもらいました。
蔵におさまっていた 屋台も中に入れて 見せてもらいました。
なんと 一緒に行った 友人の おじいさんが 蜂屋理八。。
欄間の彫刻をした方でした。友は 武藤落雁の娘です。
一つ一つの彫刻の説明に 感動しましたし 屋台組の方たちも
理八さんの 縁がある人が 見えたとのことで 話弾みました。
そして あい向かいの 青龍台も 初めて見学。
雨降りで 観光客も少ない日でしたが 思い出深い一日。
この本光寺のフォトを見て 思い出しました。
三寺。。。。 どこも立派なお寺さんですね。
Commented by sikisai03 at 2016-01-28 17:24
yassy127さん、こんばんは。
このポスターは合成だそうです。
雪に見えるのは別に作ったものでキラリと輝きまで入っていますね。
若しこれだけ雪が降ると娘さんの髪の毛も白くなってしまいます。
何も被っていないところを見ると晴れて居ることが分かります。
でももし少しだけ雪が舞うような時であればフラッシュで良い効果が出ますね。
Commented by ばんば at 2016-01-28 17:24 x
古川の冬の一大イベントですね~
暖冬で雪の少ない中、山の中まで行って重機で雪をダンプに積んでこの蝋燭を作ったよし・・・
ご苦労様ですね。
そうなんですよねぇ…夜いかなくても昼間だって結構楽しめるんでした~
来年(!)天候次第では見に行こうかな・・・鬼が笑いそう~~~(>_<)
Commented by sikisai03 at 2016-01-28 17:28
ねずままさん、こんばんは。
そうでしたね、昨年は春の高山祭りに続いて起こし太鼓まで雨に祟られたのでしたね。
それでも屋台を蔵に訪ねて説明まで聞けたことは良かったですね。
降らなかったらそんなチャンスは無かったかも知れません。
向こうも縁のある方で話が弾んだのも窺えます。
この三寺は今は浄土真宗の西本願寺派ですが、何処も立派な山門と本堂です。
競争して豪華に建てられた気がしますが、檀家は大変でしょうね。
でもそれだけ信心深いと言うことでしょうね。
Commented by sikisai03 at 2016-01-28 17:31
ばんばさん、こんばんは。
スキー場ですら雪不足の1月でしたから、
まして町中には雪もほとんど無いような三寺参りでした。
遠くから雪を運ぶと言う労があったのですね。
私は行くつもりも無かったのですが偶然に買い物に行った時に気付いて寄りました。
来年はやはり夜間に・・・と、鬼が笑いますね(^^)
<<  飛騨高山二十四日市 1 (小...  飛騨古川 三寺参りの準備風景 2 >>