寒干し大根

 飛騨市神岡町の山之村地区で古くから伝わる”寒干し大根”と言うのがあり名物となっています。
 お馴染の切り干し大根とは違った製法で、皮を剥いて輪切りにした大根を茹でて冬の寒風に干します。
 寒風と言っても氷点下なので凍ってしまいますが、そうで無ければ出来ないのです。
 ちなみに今日の職場は最低気温がマイナス9℃、最高気温がマイナス3℃の真冬日でした。
 そんな場所でのみ作ることが出来る寒干し大根・・・
 つまりはフリーズドライの仕組みを利用した古くからの知恵、寒い所ならではの環境を逆手に取った手法ですね。
 この写真は山之村ではありませんが、こうして軒に干してあるのを飛騨ではあちこちに見ることが出来ます。
 干し上がった寒干し大根は保存が利き、何時でも戻して炊くことが出来て味も沁みやすく美味しい煮物になりますよ。
f0290971_19361995.jpg

f0290971_19363152.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-01-21 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)
Commented by youshow882hh at 2016-01-21 01:14
こんばんは。ゆーしょーです。
飛騨市の寒干し大根は珍しいです。
和歌山では干し大根といえば葉をつけたまま干します。
高山でも同じだと思います。
今日は一年中で一番寒いといわれる 「大寒」 ですね。
Commented by sikisai03 at 2016-01-21 05:50
ゆーしょーさん、おはようございます。
寒干し大根は氷点下の日が多く無いと出来ないので温暖な和歌山県などでは無理でしょうね。
飛騨では漬物用に葉を落とした大根は干してあるのが見られますが、
切り干し大根もあまり作りません。
高山市内でももちろん寒干し大根は作ることが出来、
以前に食事処で軒にずらりと並んだ様子を記事にしたことがあります。
その店は今年もたくさん干して居られます。
大寒が過ぎれば段々温かくなって行くでしょうね、待ち遠しいです。
Commented by yassy127 at 2016-01-21 07:05
最低-9℃、最高-3℃の生活は想像できません。
そんな気候を逆手にとっておいしい食品を作られるのですね。
凍り豆腐と同じ理屈ですね。
すごい生活の知恵を拝見できました。
Commented by ばんば at 2016-01-21 08:16 x
おはようございます~
寒くなりました!
こうなれば街中でもこうした干し大根が作れますね。
結構そろばん玉みたいに連ねたのとか、棒状で(たぶん、縦に割ってる?)干したのとかいろいろ見かけます。
ばんばは寒干し大根の甘味がちょっと苦手でうまく炊けないのです^^;
Commented by pikorin77jp at 2016-01-21 14:40
こんにちは。
寒干し大根、、、寒い地域ならではの作り方なのですね。戻して炊く。。。美味しいでしょうね~~~ 写真としても面白いですね。
私が住んでる田舎も広島ではかなり寒いところなのですが 飛騨ほどではないと思います。
マイナス9℃って冷蔵庫みたいですね。
Commented by sikisai03 at 2016-01-21 17:40
yassy127さん、こんばんは。
今日も私の職場は似たような気温でした。
午後はマイナス3℃でしたが風が強かったので体感温度はそれより低く感じました。
外のバケツの水は半月ほど前から凍ったままです(笑)
外に出しておけば何でも凍ってしまいますよ。
Commented by sikisai03 at 2016-01-21 17:40
ばんばさん、こんばんは。
昨年の暮れは大根が安かったですね。
1本50円ほどで買えたのでそんな時に作ると良いですが、
その頃は暖冬で気温も高かったので出来ませんでしたね。
干すことで甘みが増しますからそれが苦手でしょうか?
干したものは大根おろしにも出来ないので煮て食べるしか無いですね。(+o+)
Commented by sikisai03 at 2016-01-21 17:40
pikorin77jpさん、こんばんは。
そうですね、確かに気温がマイナスにならないと作れません。
でも凍ったままだと乾燥しないのでプラスの気温にもならないといけません。
本当に天任せの寒干し大根です。
pikorinさんのお宅は広島の県北なのですね。
寒くて雪も降る所なのでしょうか?
今日は大寒ですがこれから立春まではまだまだ寒く、飛騨では氷点下15℃位の時もありますよ。
Commented by Meri-koenji at 2016-01-21 18:16
へー!輪切りで干すのは初めて見ました。
おっしゃる通り味が染みそうですね♪歯応えも美味しそう。
飛騨の綺麗な空気とお日様の力があれば、上質の寒干し大根になることでしょうね。
それにしてもsikisaiさん、職場の最高気温がマイナス3℃ですか(*_*)...ノルウェーとか?!←んなはずあるかい
どうぞお身体お大事にしてくださいね(>人<)
Commented by sikisai03 at 2016-01-22 05:10
Meri-koenjiさん、おはようございます。
輪切りにして真ん中に藁を通して吊るすのが一番良い方法のようです。
でもあまり柔らかく茹で過ぎると大根が切れて落ちてしまいますが・・・(#^^#)
飛騨の環境であれば美味しい寒干し大根が出来ますが、中国から流れて来るPM2.5も気になります。
寒い所で働くと身体も慣れて来ます。
南極、北極とは言いませんが、かなり寒い所も大丈夫ですよ (^^)v
<<  2016年 新春散歩 9  2016年 新春散歩 8 >>