氷と灯りの祭典 2016 氷の彫刻のライトアップ 2

 氷の彫刻のライトアップ、前回の続きです。
 氷像は全部で10体ほどあり、三つの会場に分かれてライトアップされていました。
 ライトが当たることで昼間より美しいものと逆なものがありましたが、カラーのライトアップは幻想的ですね。
f0290971_64135100.jpg

f0290971_6414593.jpg

f0290971_6415426.jpg

f0290971_642469.jpg

f0290971_642135.jpg

f0290971_6422251.jpg

f0290971_6423295.jpg





[PR]
by sikisai03 | 2016-01-16 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(8)
Commented by Meri-koenji at 2016-01-16 11:01
sikisaiさん、おはようございます!
このサソリ、重量と支えの脚部分の細さを考えたら、絶妙なバランスですね(@_@)色の変わるスワンも美しいです。撮影もきっと寒いでしょう。風邪など引かれませんように☆
Commented by youshow882hh at 2016-01-16 11:16
おはようございます。ゆーしょーです。
サソリと戦士は迫力がありよく出来た彫刻ですね。
自分の二倍ほどのサソリに立ち向かう戦士は勇ましいです。
二羽のスワンもいいですね。
今年は申年で、どこへ行っても猿は引っ張りだこですね。
Commented by sikisai03 at 2016-01-16 17:22
Meri-koenjiさん、こんばんは。
細い足で身体を支えているように見えますが胸が台にくっ付いているので原理は簡単ですが、
そう思わせないところが技ですね。
氷の彫刻は部品(脚)を別に作って胴に付けています。
飛騨の一刀彫なの木彫では一つの木から彫り出しますが・・・
今回の夜間撮影は案外寒くは無かったですが、この次予定している氷点下の森はきっと寒いでしょう。
風邪を引かずに頑張りますね (^^)
Commented by sikisai03 at 2016-01-16 17:22
ゆーしょーさん、こんばんは。
このサソリと戦士はバランスが良い彫刻ですね。
大きなサソリに立ち向かう姿が勇ましいです。
サーモンと鷹も良く出来ていましたが、スワンも良かったです。
サルボボと三猿、こうした催し物には干支が付き物ですね。
Commented by pikorin77jp at 2016-01-16 20:12
こんばんは!
氷の彫刻って 会場内もかなり温度をさげてあるのでしょうね、冷蔵庫のように、、、
ライトをあてると 本当に綺麗でしょうね!札幌の雪まつりのようです!
Commented by yassy127 at 2016-01-16 20:59
10日に製作過程を見せていただいた傑作がこのように展示してあるのですね。
動画で臨場感あふれる雰囲気を見せていただきました。
幻想的という言葉はこのようなかんじにぴったりですね。
鳥の羽根の細やかなことには感動すら覚えます。
少しずつしずくになって溶けているようで、はかない芸術なのがもったいない感じがします。
Commented by sikisai03 at 2016-01-17 03:40
pikorin77jpさん、おはようございます。
この氷の像がある場所は民族文化センターの屋外なのですよ。
飛騨はこの時期は例年であれば一日中氷点下の真冬日なので溶けないのですが、
今年は暖冬なのでプラスの気温になり少し溶けました。
昔は高山でも札幌のように雪像を造ったりもしましたが、最近はイベントが無いと造らなくなりました。
Commented by sikisai03 at 2016-01-17 03:40
yassy127さん、おはようございます。
写真に比べて動画だと臨場感があるかと思います。
10日の記事は日中でしたが夜間のライトアップは昼間見るのとは違った感じがしますね。
氷点下の森もそうですがカラーのライトが当たるとメルヘンチックに思えます。
何時もなら真冬日が普通なのですが今年は温かなので溶けていたのが残念でした。
<<  2016年 新春散歩 6  氷と灯りの祭典 2016 氷... >>