2016年 新春散歩 2

 今回も古い町並みの三之町通りです。
 軒の低い家が並んでいて江戸時代を思わせる佇まいですが、最近は何処も客目当ての土産物屋となっています。
 市からは看板や建物の色など厳しく制約されているので昔の景観は残っていますが・・・
 お店はそれぞれ趣向を凝らした内容になっていますが、やはり食べ物の店が多いですね。
f0290971_6132553.jpg

f0290971_6133880.jpg

f0290971_6134978.jpg

f0290971_6135988.jpg

f0290971_6141045.jpg

f0290971_614227.jpg

f0290971_18263642.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2016-01-09 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)
Commented by honokanikaorujp at 2016-01-09 00:25
今晩は~~
江戸時代からの古い家並みは色々な規制が有るのですか
観光客の為に行政からの決まり事が有るのでしょうね
春夏冬中・・・なんの事? かな~
Commented by youshow882hh at 2016-01-09 00:40
こんばんは。ゆーしょーです。
高山では 「春夏冬中」 で、「商い中」 ですね。
和歌山では、「春夏冬二升五合」 で 「商い益々繁盛」 や、
二升五合のところを枡記号(四角の中に斜めの線)を
書いたりしているお店があります。
2枚目のカメラマンは何を狙っているのでしょうかね。
人それぞれに狙いが違いますね。
Commented by sikisai03 at 2016-01-09 06:41
李音さん、おはようございます。
この街並みを維持するために洋風の建て替えは勿論、
看板の大きさや出格子の色、壁の色など制約がありますが
要は見て歩いて興醒めするような物は駄目だと言うことなのです。
こうして守られているから落ち着いた雰囲気を醸し出しているのですね。
「春夏冬中」は秋が無いので「秋無い」それに「中」で「商い中」と読みます。
Commented by sikisai03 at 2016-01-09 06:41
ゆーしょーさん、おはようございます。
そうです「春夏冬中」は商い中」ですね。
「春夏冬二升五合」は「商い益々繁盛」ですか、
こちらでは「春夏冬二升半丈」と書いて「商い益々繁盛」ですが、
「半丈」とは「和紙を半丈」でこれは紙のことです。
良く宴席の「にわか」で升を二個と和紙半丈を持って来て「この屋の益々の繁盛を・・・」なんて祝いますよ。
それぞれ面白いですね。
このカメラマンは海外からの(おそらく香港か台湾)人でした。
日本の見る物すべてに興味があるのでしょう。
私たちが見慣れた風景を収めているようです。
Commented by ばんば at 2016-01-09 09:02 x
門松なんかも外国人から見ると不思議なオブジェになるんでしょうね~

高山とか古川とか・・・景観を損なうような色合いの建物はだめなんですよね。
まるっと出格子のようなもので隠してあったり・・
以前行ったときに入ったコンビニが高山色(?)の店構えなのが面白かったです。
Commented by hanarenge at 2016-01-09 10:38
高山散歩を楽しませて頂いています。
大勢の観光の方ですね、この古い町並がとても素敵です。この町並維持は色々な規制があるでしょうが、野放しにすると、とてつもないものが平気で建てられたりしますものね。
いつまでも、このような風景を維持して頂きたいと感じます。高山に今年こそ行きたいと願っていますが、、、、、
和蠟燭のお店、入ってみたいです。
Commented by sikisai03 at 2016-01-09 17:07
ばんばさん、こんばんは。
外国からの観光客は訪れる前に日本のことを勉強したから来ると思いますが、
門松やしめ縄などは知らない人が多いでしょうね。
古川の町も古い町並みや白壁土蔵の景観があり、観光に力を入れていますね。
高山をご覧になったら古川へも足を延ばされると良いですね。
コンビニは本局通り(さんまち通り)のファミマですね。
壁の色など違うので他の店かと思いますね。
Commented by sikisai03 at 2016-01-09 17:08
れんげそうさん、こんばんは。
高山観光の場所はいくつかありますが、皆さん外せない所がこの古い町並みですね。
今は何処もこうした古い建物の保存に力を入れて観光客を呼び込む材料にしていますが、
この三之町界隈は歴史も古く先駆の場所で、私の子供の頃には既に観光化されていました。
電柱が取り払われて電線が地下埋没されたのも日本で最初では無かったでしょうか・・・
ここまで守って来た景観ですから未来永劫保存して欲しいです。
是非高山観光に来て下さい。
和蝋燭の店は隣町の古川にあり、連ドラ「さくら」で有名になりましたね。
Commented by Meri-koenji at 2016-01-10 01:54
どこを取っても雰囲気のある街ですねぇ(^∇^)
一連の景色が完成されていますから、いきなり近代建築やコンビニが入り込むと違和感あるでしょうね。
それにしても、飛騨牛の朴葉焼き定食か~!
美味しいでしょうねぇ。貼り紙に目が行ってしまいました(笑)
Commented by sikisai03 at 2016-01-10 06:02
Meri-koenjiさん、おはようございます。
高山の町の真ん中に宮川が流れていてその東側は古い町並みが残っています。
特に三之町と呼ばれる上三之町と下三之町は観光客も多いです。
一部郵便局などは普通の建物ですが、
それでも景観に配慮してあります。
ほうば味噌に飛騨牛が入ると豪華ですよ。\(^o^)/
普段のほうば味噌には牛肉の代わりに牛脂を削って入れてます。(#^^#)
<<  2016年 氷と灯りの祭典 ...  2016年 新春散歩 1 >>