初冬の飛騨の里 Ⅺ 

 飛騨の里には稲が円を描く「車田」と言う田んぼがあります。
 高山市には他に松之木町に一か所と後は佐渡にしか無いとのことで、
 昔から伊勢神宮への献上米として供出されています。
 しかし此処飛騨の里はお正月に館内に飾るお鏡餅に使うもち米が植えられているとのことです。
 刈り採られると確かに同心円に沿って稲が植えられていたことが判りますね。

 八月一日家は「ほづみけ」と読みますが、難読名字の一つとして知られています。
 此処は中へは入りませんでしたが、橇(そり)のコレクションがあります。

 「しし威し」は昔はあちこちで見かけましたが最近はほとんど見なくなりました。
 これも時代の流れですね。
f0290971_1932091.jpg

    ↑ 西岡家から見た五阿弥池。

f0290971_193374.jpg

    ↑ 車田です。
f0290971_1935010.jpg

f0290971_194321.jpg

    ↑ 車田と西岡家。

f0290971_19242376.jpg

    ↑ 車田の向こうに八月一日家が見えます。
f0290971_1941612.jpg

    ↑ この家の茅葺き屋根は何処となく懐かしい感じがしますね。

f0290971_1943015.jpg

    ↑ 八月一日家を東側から見てみました。

f0290971_195581.jpg

    ↑ 一見ミニチュアのバッタリ小屋のようですがシシオドシ(猪おどし)です。

f0290971_1944978.jpg

    ↑ シシオドシについて。
[PR]
by sikisai03 | 2015-12-27 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)
Commented by Meri-koenji at 2015-12-27 00:23
「車田と西岡家」の1枚、素晴らしいです。柿の赤さと田の緑に屋根の色、窓の白さ、絵のようですね。こういう景色を見ると文化遺産が多いのも納得です。バランスのとれた日本の景色は保存したい価値がありますね。ほづみけ・・・絶対に読めません~(笑)
Commented by sikisai03 at 2015-12-27 05:43
Meri-koenjiさん、おはようございます。
車田は珍しい田んぼなので余計に絵になりますね。
ただ稲がある頃は同心円が見られなくて案外夏に来た人は気付かない人も居るようです。
刈り取りが終わると現れる模様に皆さん興味深く見入っておられました。
飛騨の里のたくさんの古民家の中で西岡家が一番絵になるような気がします。
八月一日家は難読ですが、八月朔日と書いても「ほずみ」と読みますね。
Commented by ばんば at 2015-12-27 07:52 x
おはようございます。
車田、田植えのころとか稲刈りの時に見てみたいなぁ~~と思うんですが、どうも機会が・・・
情報がわかると、それっ!と行けなくもない距離なんだけど、たいていテレビで<やりました>と~^^;
こんな獅子威しがあったとは!知らなかったです~~
また一つ、今度行けたときの見たいものリストが増えました~~
Commented by pikorin77jp at 2015-12-27 09:02
おはようございます。
八月一日家が ほづみ家 なんて だれも読めませよね。どうして こんな名前になったのでしょう。。。^^
シシオドシ、、、 こちらの田舎でも 今もなをお イノシシ被害は深刻なようです。
車田  はじめて知りました。餅米を作るのですね。私もいただいた 餅米で 正月餅 作りました。
Commented by youshow882hh at 2015-12-27 11:40
おはようございます。ゆーしょーです。
出ましたね。 八月一日家! 
「ほづみけ」とは逆立ちしても読めないですね。
これなど、難読ベストテンに入るのではないでしょうか。
車田は一度見ておきたかったです。
今はしし威しの変わりに危険な電気柵になりましたね。
昔、祖父が鳥威しの一種、鳴子をつくり、学校から帰れば
鳴らしに行きました。
Commented by sikisai03 at 2015-12-27 17:27
ばんばさん、こんばんは。
飛騨の里の行事は私もほとんど行ったことがありません。
ばんばさんと同じで「行われました」とのニュースを見るだけです。
出来れば「これからやります」を聞きたいですね。
一度菜洗いの時に遭遇したことがありましたが、たくさんのカメラマンでした。
猪威しも少し壊れかけていましたが昔の場所にありますよ。
Commented by sikisai03 at 2015-12-27 17:27
pikorin77jpさん、こんばんは。
穂積氏の異名で当て字のようですが、
旧暦8月1日に実った稲の穂を摘んだ風習が語源といわれています。
猪威しは昔は威力があったかも知れませんが、最近は効かないようです。
こんなので逃げてくれたら良いのですが、最近は電柵が施されていますね。
伊勢神宮へ奉納するもち米を植えたので「角が無いように丸く」植えたようです。
縁起が良いのでしょうね。
我が家のお鏡は小人数なので買って来ます。
Commented by sikisai03 at 2015-12-27 17:27
ゆーしょーさん、こんばんは。
よく難読名字の番組では必ずと言って良いほど出て来ますね。
そのせいか最近では皆さん読めるようになったとか・・・(笑)
ゆーしょーさんが行かれた時は車田はまだ無かったでしょうか?
それとも青田になっていて円が分からなかったのっでしょうか?
いずれにしてもご覧頂けなかったことは残念ですね。
「鳴子」は知っていますが、こちらでは無かったです。
実際に鳴ったところを聞いてみたいです。
Commented by youshow882hh at 2015-12-28 20:38
こんばんは。ゆーしょーです。
ひとくちで言いますと、鳴子は、がらがらと鳴ります。
鳴子は、自然の風ではからから鳴りますが、人工的に
紐で引っ張って鳴らす鳴子は、
勢いがいいのでがらがらと鳴ります。
Commented by sikisai03 at 2015-12-28 20:57
ゆーしょーさん、こんばんは。
力を加えると音も大きくなるのですね。
それではやはり風が吹くのを待って居られませんね。
人手で鳴らす方が効果がありそうです。
鳴子を鳴らすのは子供のゆーしょーさんの仕事だったのですね。
<<  能登 曽々木海岸 窓岩  能登 白米の千枚田 >>