初冬の飛騨の里 Ⅵ 

 今日は飛騨の里の東の端にある中薮家を訪ねてみたいと思います。
 この民家は飛騨中央部の近在の典型的な様式で、北部ほど雪が多く無いので柱もそんなに太くは無く、
 屋根も板葺きで石を乗せたスタイルです。
 居間となる囲炉裏のある所は土間のことが当たり前で、夜なべ仕事の作業場を兼ねていました。
 壁も板葺きなので隙間も多く冬は風が入って随分寒い思いをしたことでしょう。
f0290971_9475929.jpg

f0290971_9481463.jpg

f0290971_9482659.jpg

f0290971_1062736.jpg

f0290971_1072926.jpg

f0290971_1073943.jpg

f0290971_1075250.jpg

    ↑ さて次回は大きな合掌造りの若山家をご案内したいと思います。
[PR]
by sikisai03 | 2015-12-17 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(12)
Commented by ねずまま at 2015-12-17 11:14 x
飛騨の里へ行くたびに 昔の人は 辛抱強かったと
つくづく思います。特に 冬 すきまかぜだらけで おまけに暖房は
囲炉裏だけ。寝間は 板敷も多い。今の人に体験させると
たぶん 一日も 暮らせないかも。勿論 私も。
板壁から漏れる明かり あそこから 風が 吹き込みますね。
ブルッ です。雪のある時に行くと 観光客は 囲炉裏の周りに 
群がっていますものね。靴下は 絶対2枚重ねが 注意事項です。
Commented by pikorin77jp at 2015-12-17 14:24
本当にこうしてみるとすきま風だらけだったでしょうね。。。あの板と板の間に藁敷でもして 風をふせいだりしなかったのでしょうか、、、と 色々想像できる 建物ですね
Commented by sikisai03 at 2015-12-17 17:03
ねずままさん、こんばんは。
本当ですね、私も山の家での生活はこんなものでした。
また小学校へ通う頃でも暖房は炬燵だけでしたね。
今では想像も付かない生活でしたが、皆同じだったのでこんなものかと不思議にも思いませんでした。
其処へ行くと今は極楽のような生活、もう元へは戻れませんね。
冬の飛騨の里、そうですね家が大きなだけに寒さはひしと感じますね。
風邪を引かないように温かくしてご覧頂きたいです。
Commented by sikisai03 at 2015-12-17 17:03
pikorin77jpさん、こんばんは。
まさか?と思うような隙間ですよね。
今のような隙間の無い建築様式とは違うので寒かったろうと思います。
寝る所は障子戸などがありますからまだ良いですが、
土間は本当に寒かったでしょう。
隙間に藁や木の皮なども挟めるし、紙を貼っても良かったかと思いますが、
当時の人は慣れていたのかも知れませんね。
Commented by Meri-koenji at 2015-12-17 18:29
はー・・・居間が土間とは寒さも厳しいでしょうね。とはいえ6枚目のように広大な面積を取れるのは羨ましい限りです。夏は涼しく快適なのでしょうね。
前のコメントにご返答いただいたのを見てビックリです!
純情商店街に、磯丸水産(笑)!!ご近所さんかと錯覚してしまいました(>▽<)sikisaiさんに、してやられました(笑)
Commented by honokanikaorujp at 2015-12-17 18:36
こんばんは~
ここの囲炉裏は通常見る囲炉裏とは随分違いますね
どう言えばいいのか。。。。大雑把感があります(笑)
普通の茶の間では無く土間の囲炉裏だからでしょうか
ここも変わらず大木が4本の焚き付けですね
凄いリアル感です。 
囲炉裏の傍に座る時はどうやって座るのでしょうね~
土の上にそのままでは無いでしょうしね~
ここは実際に見たいな~って思いました。
Commented by youshow882hh at 2015-12-17 19:59
こんばんは。ゆーしょーです。
この中薮家もビデオに写っています。
二十数年も経てば記憶が薄らいでいますが、
ビデオとはありがたいもので、見直すと
その時の情景が甦ります。
Commented by ばんば at 2015-12-17 21:22 x
土間の囲炉裏・・・
隙間風・・・
今の生活に慣れてる身には厳しいものですね。
軟弱物の山姥には特に厳しいかも…
ほんと、今の生活をありがたく感謝せんといかんです。
Commented by sikisai03 at 2015-12-18 10:41
Meri-koenjiさん、こんにちは。
この居間が土間と言うのは昔は夜なべ仕事に藁打ちなどしたからですが、
座り仕事なので冬は腰が冷えて寒かったことと思います。
反対に夏は快適だったかも知れませんね。
あのコメント、ビックされたでしょうね。
ストリートビューで散歩も良いですよ。(^^ゞ
Commented by sikisai03 at 2015-12-18 10:41
李音さん、こんにちは。
ただ土間の真ん中で火を焚いていると言う造りですね。
これだったらかなり大きな火でも安心でしょう。
この囲炉裏の回りに座るには少し厚手の蓆を敷いていました。
その上に座布団があれば裕福だったのでしょう。
とにかく貧しい生活で今では想像も付きませんね。
僅か数十年前のこととは思えません。
Commented by sikisai03 at 2015-12-18 10:41
ゆーしょーさん、こんにちは。
写真と違ってビデオだとまた違った記録もされていますよね。
動くと言うことはその場の臨場感を得るには良いですね。
ゆーしょーさんが撮られた二十数年前の映像と比べて見たいので今度は動画を撮って来ましょう。
Commented by sikisai03 at 2015-12-18 10:41
ばんばさん、こんにちは。
お互いにこの時代に生を受けていなくて良かったですね。
と言っても数十年しか経っていませんが・・・
今急にこんな生活になったら凍えてしまいますね。
暖房は有難いです。
<<  月と金星(明けの明星)  鯵の干物を作る >>