秋鯖の味噌煮

 脂の乗った秋鯖はどうやって食べても美味しいものですが、口に入れた途端にとろける味噌煮は抜群ですね。
 毎回作るレシピと同じようなやり方ですが今回は何度か冷まして再び火を入れる作業をしたので、
 仕上がりまでに2時間ほど掛かってしまいました。
 でもしっかり味が沁みたのでとても美味しかったです。
 
f0290971_22522153.jpg

f0290971_22523427.jpg

f0290971_22524664.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-12-10 00:03 | たかが男の料理 | Comments(12)
Commented by honokanikaorujp at 2015-12-10 00:10
美味しそう~
青魚大好きです サバ、アジ、イワシ、サンマですね~
煮つけが一番合うのはやっぱりサバですね
サバの味噌煮って結構難しいって思うんですが どうでしょう
やっぱり鉄砲玉さんみたいに手間暇かけないと美味しい物は出来ませんね。
しかし サバの色が綺麗なままですね~ 濃い味では無いのでしょうね。
Commented by pikorin77jp at 2015-12-10 13:01
鯖の味噌煮ね 昨晩 作ったばかりなんですよ。
美味しかった!
この美味しそうな 写真を見ていると また作りたくなりますよ!


ーー何度か冷まして再び火を入れる作業をしたのでーー
これは 臭みを消すためでしょうか?、
Commented by sikisai03 at 2015-12-10 17:03
李音さん、こんばんは。
青魚の代表、九州の北部では何と言ってもサバでしょう。
関サバもブランドで売れていて美味しいですが、負けていないのが玄界灘のサバだと思います。
魚はどれも煮て食べられますが、やはり煮魚の一番はサバでしょうね。
サバの味噌煮はいくつかのポイントがあって、まず臭みを抜くために湯通しすること。
徐々に味を沁み込ませて最後に味噌を入れたら早めに火を止めることです。
コツは「愛情を持って料理することかな ??」
色よく仕上げるため味噌の他に薄口醤油で加減しています。
Commented by sikisai03 at 2015-12-10 17:03
pikorin77jpさん、こんばんは。
えーっ、そうなんですか。
本格的な主婦が作られるのはきっと何倍も美味しいでしょうね。
今はサバが脂が乗って美味しいので時々作っても良いですよね。
このサバはお値打ちで3匹で500円でした。

今回レシピは載せませんでしたが、
私の場合、湯通ししたサバは先ず水と酒と生姜のスライスで10分ほど煮て、
砂糖と味醂を入れて更に10分ほど煮ます。
それを一旦冷まして、更に火を入れ沸騰したところで味噌を煮汁で溶いて入れて、
沸騰したら火を止めてまた冷まします。
最後に食べる前に温めてから食卓に出します。
臭みは最初の湯通しで抜けますから、生姜を少し入れることで完璧ですよ。
Commented by yassy127 at 2015-12-10 19:42
新鮮なお魚を料理名人が調理されるのですから、
これ以上の上等なお料理はないでしょう。
何でもお出来になるsikisai03さんに拍手を送ります。
↓岡山県井原市美星町に「中世夢が原」というところがあります。
鎌倉、室町時代の農家や、市場、武士の館、見張り台など、
また刀鍛冶、や草履作りなどの昔ながらの職人の技を実演するところもあります。
子供の日のころには、竹馬や的うちなどのあそびを楽しませてくれます。
いい所だなぁと思っていましたが、飛騨の里の規模と魅力には
及ばないようです。
Commented by Meri-koenji at 2015-12-10 20:52
鯖自体も美味しそうですが、皆様が絶賛されているように、sikisaiさんの腕前がさらに鯖を輝かせていますね(^∇^)1枚めの画像を帰宅時にチラっと見てしまい、お腹が鳴りそうだったので慌てて帰りました(笑)本当に美味しそうです。3つ星っ☆☆☆
Commented by ばんば at 2015-12-10 21:05 x
美味しそうですね~~~~
煮魚は大好きです~
青魚は体にいいのでもっと積極的に食べたほうがいいんですが、ばんばには青魚の脂がこたえます(>_<)
でも、サバの味噌煮だったら大丈夫!
って…持ってきて~ってわけではござりませぬよ~ん~(^_-)
Commented by hanarenge at 2015-12-11 15:20
とろとろの鯖 味噌とまったり絡み合う味、あ〜〜〜食べたくなります。鯖、大好きです。


Commented by sikisai03 at 2015-12-11 17:03
yassy127さん、こんばんは。
サバの味噌煮は味噌で煮るだけですから簡単と言えば簡単なのですが、
手間をかけることによって美味しくなりますから手抜きは許されません。
私も時間がある時だけ作りますが、何とか手を抜いて美味しく出来ないか?と思案中です。
このやり方、自分では美味しいと思いますが、プロの味はもっともっと上です。
中世の江戸村なんかは何処にでもありますが、鎌倉から室町と言う中世夢が原は興味があります。
時代考証によって新しく造られたとのことですが、
それだけ古い昔の暮らしを再現している所は少ないですね。
近ければ一度行って見たい所です。
Commented by sikisai03 at 2015-12-11 17:03
Meri-koenjiさん、こんばんは。
そんなにお褒め頂くとくすぐったいやら恥ずかしいやら・・(^^;)
確かに皮を破かずきれいに見せるのもコツですね。
その点は上手く行ったと思っています。
三ツ星を励みにして今後も精進しますね (^^)
Commented by sikisai03 at 2015-12-11 17:03
ばんばさん、こんばんは。
脂の乗った魚は美味しいですが、身体のためには少し控えた方が良いかも知れませんね。
秋刀魚もそうですが、近所で焼く匂いを嗅いだだけで無性に食べたくなります。
秋鯖も脂が乗って美味しいのですが、それだけでかなりの誘惑ですね。
でも背の青い魚は栄養もありますから食べると良いですね。
Commented by sikisai03 at 2015-12-11 17:04
れんげそうさん、こんばんは。
関西は北陸若狭からの鯖が運ばれて馴染のある魚なのですよね。
何故か日本人には好まれて無くてはならないような存在・・・
おそらくDNAでしっかり鯖好きが伝えられてるのではないでしょうかね。
<<  初冬の飛騨の里 Ⅲ  初冬の飛騨の里 Ⅱ >>