山中和紙 コウゾの皮干し

 優れた手漉き和紙技術は日本の各地に残されており、
 最近その一つの岐阜県の本美濃紙はユネスコ無形文化遺産に登録されました。
 岐阜県は和紙の材料のミツマタやコウゾがたくさんあって紙漉き産業も古くから各地で興されていました。
 飛騨でも近年まで幾つもの集落で伝承されていましたが、
 今でも飛騨市河合町には山中紙という和紙製法が習い伝えられています。
 河合町は豪雪地帯として知られ、雪の上にコウゾの皮を晒す「こうぞの雪ざらし」という独特の手法が特徴です。
 秋には刈り取られたコウゾの枝から剥がされた皮が弱い秋の日に干される風景が見られます。
f0290971_18231983.jpg

f0290971_18233199.jpg

f0290971_18234333.jpg

f0290971_18235480.jpg

f0290971_18262026.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-11-15 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(10)
Commented by pikorin77jp at 2015-11-15 00:18
近頃 『和紙』 というものに興味を持ちはじめました。草木染めで和紙に染めることがあります。
美濃紙ってこんなふうにしてできていくんですね。伝承されたい大切な日本の宝 『和紙』です。
Commented by honokanikaorujp at 2015-11-15 00:28
わ~~風情ある光景ですね~
>岐阜県の本美濃紙はユネスコ無形文化遺産に登録されました。
へ~~そうだったんだ~~素晴らしいですね~
世界遺産とか文化遺産って聞くと日本人として鼻が上を向きます(笑)
和紙の材料ってミツマタやコウゾと言う植物からでしたか
ミツマタってジンチョウゲ科の黄色のお花を咲かせるアレですか?
ほ~知らなかった~( ..)φメモメモ ですね~~
岐阜県って良いトコいっぱい有りますね。

昨日はナメコだったのですね
ゆっくりと動画を見せて頂きますね~~
Commented by yassy127 at 2015-11-15 07:02
紙すきというとつめたい水の作業と連想しますが、真っ白な雪で
すぐれた和紙ができるのですね。
雪も文化遺産に貢献しているわけですね。
Commented by sikisai03 at 2015-11-15 12:14
pikorin77jpさん、こんにちは。
紙漉きで漉いた和紙は味がありますね。
ご自分で草木染をされますから和紙も染めてみられると良いでしょう。
こちらでは体験の紙漉きも出来ますが、お近くにもきっとあると思います。
それをまた色々に加工するのも楽しみでしょうね。
Commented by sikisai03 at 2015-11-15 12:14
李音さん、こんにちは。
此処は豪雪地帯なので深く積もった雪の上に晒されたコウゾの皮の風景はもっと風情がありますよ。
そのような場所なのでなかなか行くことが出来ないし、
冬場は仕事が忙しいのでなかなか暇を見付けられませんが一度は行って見たいと思っています。
繊維質の丈夫な木の皮が和紙に向いているようでコウゾやミツマタは一番適しているそうです。
ミツマタの花は想像されている通りと思います。
偶に庭木として植えてあるのも見掛けますね。
Commented by sikisai03 at 2015-11-15 12:14
yassy127さん、こんにちは。
昔から伝来の手作業は楽な事は何も無いですね。
辛い目に遭い苦労して作られた物だからこその値打ちですね。
飛騨は積雪があるお蔭で雪の上に並べてお日様の光で漂泊出来ますからより白い紙になります。
豪雪の悩みを逆手に取ったやり方、先人の知恵ですね。
Commented by Meri-koenji at 2015-11-15 13:45
美味しそうなナメコを拝見した後なので、干されているコウゾも一瞬、美味しそうに見えてしまいました(笑)
sikisaiさんのブログは過程や説明も加えてくださるので、知識が増えます(^∇^)へぇ~!へぇ~!と言いながら読んでます(笑)
赤い洋梨のレシピもありがとうございました☆本当になんでもお上手ですね。お着物美人のぴこさんもそうですが、どれも趣味の域を超えているので、皆さんすごいなぁって驚きです。
Commented by sikisai03 at 2015-11-15 17:03
Meri-koenjiさん、こんばんは。
あはは・・・芋茎か干瓢にでも見えましたか?(^o^)
これが食べられるものなら良いのですがねぇ~
和紙になるまでまだまだいくつもの行程があるようでなかなか大変な作業らしいですよ。

焼き肉のタレのレシピをご覧頂けたのですね。
色々アレンジしてご自分の味を作られるのも楽しみですよ。
私は根が食いしん坊なので料理に手間暇掛けることは厭いません。(笑)
Commented by Blue Wing Olive at 2015-11-23 09:11 x
伝統的な製法が細々と引き継がれているようですね。こういうことは大切にしないといけないですね。
Commented by sikisai03 at 2015-11-23 14:22
Blue Wing Oliveさん、こんにちは。
過去に遡ってたくさんのコメントを有難うございました。
河合村の山中紙は飛騨で残されている唯一のと言って良いほどの紙漉きですが、
昔はあちこちに有ったと聞きます。
此処だけ残されている訳ですから大切に保存して欲しいですね。
<<  ダケカンバで標高を知る  今年のキノコ狩り ナメコ >>