ツルウメモドキ

 ウメモドキのような黄色い実を付ける蔓性の植物なのでこの名がありますが、
 ウメモドキがモチノキ科なのに対しこちらはニシキギ科で全くの別物です。
 そう言えば同じニシキギ科のマユミやツリバナの実の形に似ていますね。
 秋に葉を落としてこの実が目立つようになるとこれを採りに山に入る人もいます。
 美しいので生け花や装飾用に利用され、お店の玄関先に大きな瓶(かめ)に投げ込まれている様子や、
 リースなどに加工されているのを良く見ます。、
f0290971_6563717.jpg

f0290971_6564954.jpg

f0290971_657026.jpg

f0290971_6571130.jpg

f0290971_6572426.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-11-07 00:03 | 山野草 | Comments(8)
Commented by pikorin77jp at 2015-11-07 13:50
sikisaiさん!いいことを思いつきました! さっき山の方歩いてみたら 写真によくにたウメモドキのようなものがたくさんあったんです。 リースに使うのにちょうどいいですね。娘たち二人にリースを作ってやろうと思いました。玄関前に 大きな花器があるので ここにさしてもいいですね。
うん これっていいですね!
Commented by sikisai03 at 2015-11-07 17:05
pikorin77jpさん、こんばんは。
それは良い発見でしたね、蔓性ですからリースにはピッタリです。
また適当な大きさの花器があれば、
大きなススキみたいな植物のシロガネヨシ(パンパスグラス)と合わせても季節感のある飾りになりますね。
感性豊かなpikorin77さんですからきっと素晴らしい作品を創られることでしょう。
Commented by honokanikaorujp at 2015-11-07 17:39
今晩は~
あ~ホントだ~ マユミの見に似ていますね
こんな実を生け花に投げ込むだけで秋を演出出来ますよね。
絵手紙に書いても綺麗ですね~~
Commented by kotonoha222 at 2015-11-07 22:14
鉄砲玉さん、こんばんは♪
ツルウメモドキというものですか。
生花のアレンジやこれからはクリスマスなので、リースに重宝しそうですね。
もしかして籠などにも使われていますか。
売られているものを見かけますが、高いですね。
自然のものであれば工夫次第で素敵なリースになりそうです^^
    しおり
Commented by ねずまま at 2015-11-08 08:21 x
私も昨日 リース用にツルウメモドキを 採ってきたばかり。
鮮やかな色合いで けっこう長持ちするのが うれしいですね。
里山に けっこうあって また目につき チョキンと 切っても
翌年又 元気に 茂って実をつけてくれる ツルウメモドキ 
いい子です。
Commented by sikisai03 at 2015-11-08 17:04
李音さん、こんばんは。
色は違いますが実の割れ方などマユミやツリバナの面影がありますね。
活け花などに使うと鮮やかだけど素朴さが感じられます。
私は描けないけど絵手紙も良い題材ですね。
Commented by sikisai03 at 2015-11-08 17:04
しおりさん、こんばんは。
飛騨ではこの蔓を飾ったり、リースに加工する人が多いです。
飛騨のクリスマスと言えば完全に真冬の状態で色のあるものは少ないですから、
飾りにこの美しい実があると映えます。
細枝は結構長いので籠を編むにも使えそうですね。
手作りの作品として誰か作っていそうな気がします。
アケビも良いけどツルウメモドキは素朴な感じがしますね。
Commented by sikisai03 at 2015-11-08 17:04
ねずままさん、こんばんは。
私の家からもそう遠く無い所にあります。
ちょっと飾るには良いですね。
確かに伐ってもまた翌年には蔓を伸ばしていますね。
ツルウメモドキにしてみれば迷惑な話ですが枯れないので罪の意識も軽いです。
お蔭で毎年同じような所から採って来られます。
たくさんある中で実の大きさがなるべく大きなものを・・・
<<  或る民宿の「きのこ尽くし」の夕食  冠雪の乗鞍岳 >>