晩秋の猪鼻牧場

 放牧中は入ることが出来ない朝日町と高根町に跨る猪鼻牧場へ行って来ました。
 今年も霜が降りる10月下旬に里へと牛が戻ったので恒例の牧場行きなのです。
 此処は千間樽の千町牧場同様の天空の牧場で周囲が遥か遠くまで見渡せます。
 飛騨はどちらを向いても山また山ですが、この牧場は空が広く気持ちの良い所です。
f0290971_13462078.jpg

f0290971_13463167.jpg

f0290971_13464357.jpg

f0290971_13465496.jpg

f0290971_1347787.jpg

f0290971_13471792.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-11-04 00:03 | 飛騨からのあれこれ | Comments(8)
Commented by yassy127 at 2015-11-04 06:58
>空が広い・・。
そして高い山々を見下ろしている。
なんて気持ちのいい空間でしょう。
こんなところに立って深呼吸してみたい家とビルしか見えないところでは息がつまりそうです。
やはり外へ飛び出したいですね。
Commented by honokanikaorujp at 2015-11-04 13:09
猪鼻牧場、昨年よりも少し早く行かれたのでしょうか
御嶽山の噴煙はすっかり落ち着いた様ですね
10月下旬には牛は家に帰るのですか
こんな空気の良い自然環境抜群の牧場で育った飛騨牛だから格別美味しいのでしょう。
普段ならこの風景に放牧の牛が点在しているのでしょうね~
毎年、猪鼻牧場から撮影された御岳山も いつもの風景 になってますね^0^
Commented by sikisai03 at 2015-11-04 17:04
yassy127さん、こんばんは。
乗鞍山頂は別として此処まで登ると見渡す山々は目の高さに見えます。
高い所へ登ると本当に気持ちの良いものですね。
しかも秋晴れの日だと心も洗われるようです。
そのうち寒くなると出掛けるのも億劫になりますから今のうちですね。
Commented by sikisai03 at 2015-11-04 17:04
李音さん、こんばんは。
写真のストックで日付を調べてみましたら昨年より1日早く行っていました。
でも季節の進みが今年は若干早いようで紅葉もすっかり葉を落としていた感じです。
御嶽山の噴煙は爆発当時の勢いは無く平静に戻っていますね。
この辺りで霜が降りるのが10月下旬なのでそれ以降は草も萎れてしまい餌になりません。
それにもう直ぐ雪も降りますから牛も下山です。
こんな環境で育った牛ですから肉も美味しくなるのでしょう。
飛騨牛も和牛オリンピックで優勝してから高級ブランドになりました。
Commented by Meri-koenji at 2015-11-04 18:14
sikisaiさん、こんばんは。1~4枚めは外国の景色かと思いました。牧場という独特の場所だからでしょうか。猪鼻って名前からすると豚を連想してしまいましたが、高級牛の産地なのですね☆4,5枚めはやっぱり日本の晩秋だなぁって感じました(^^)いろんな名所へお出かけになっていいですね。やっぱり車が運転できるといいな~(免許ナシ)
Commented by ねずまま at 2015-11-04 23:27 x
広い草地と 真っ青な 空。。。
気分爽快ですね。御岳が 真っ白に雪化粧していると
言うことなし。。。。なんて 贅沢なこと思っています。
御岳の噴火で 今年は この方面には 行くことなかったです。
懐かしい風景を見せていただきました。
Commented by sikisai03 at 2015-11-05 17:03
Meri-koenjiさん、こんばんは。
ちょっと山に起伏はありますが広い牧場は日本離れした風景ですね。
猪の鼻と書いて「イノハナ」と読みますが、昔は猪も居なかった山奥です。
最近になって猪も見られるようになりましたがそれでも珍しいです。
この日はこの牧場の更に奥へと山葵を採りに行きました。
飛騨では車が無かったら何処へも行けません。
その点、東京は電車、バス、地下鉄など交通網が発達しているので車無しでも快適ですね。
Commented by sikisai03 at 2015-11-05 17:03
ねずままさん、こんばんは。
この日も少しは雪化粧していましたが御嶽は逆光線であまり白く観られませんでした。
噴火してから何となく近付き難くなった御嶽山ですが、
私は今年も何度か近くへ行きましたよ。
それでも大きな噴火があるかも?と少し心配ですね。
<<  天然の山葵  さて何が釣れたのかな? >>