熊野古道

 せっかく紀伊半島まで行ったのだから少し熊野古道も・・・と、一部ですが歩いてみました。
 熊野市二木島から甫峠の間ですが、狭い山道にしっかり階段状に石が敷いてありました。
 昔の人がここを歩いたのだな・・・と思うと何だか感慨深いものがありました。
 しかしそれにしても険しい山道でした。
f0290971_1172359.jpg

f0290971_1173956.jpg

f0290971_117506.jpg

f0290971_118269.jpg

f0290971_1181342.jpg

f0290971_1182589.jpg

f0290971_1183637.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-10-30 00:03 | 小さな旅 | Comments(10)
Commented by pikorin77jp at 2015-10-30 01:36
昔の人は わらじでここを歩いたのでしょうか、、この険しさは わらじも切れちゃうでしょうね。。
茶屋って 時代劇のドラマでみたことがありますが やはり お団子とか出てくるのでしょうね、、、とか食いしん坊が 想像して お団子が食べたくなりました。^^
Commented by yassy127 at 2015-10-30 07:16
バスのガイドさんから、あそこを熊野古道が通っていますと紹介していただいて、
入り口のような部分を車窓から見たことがあります。
古代から大勢の人々がこんな道を歩いて霊場へお参りしたのですね。
強い足腰を持ってないとできないことです。靴底の暑い靴なんてありえない頃、
三山の山を巡った人々の思いが感じられる険しい道ですね。
Commented by ばんば at 2015-10-30 10:29 x
熊野古道・・・一度歩いてみたい!と思っていましたが・・・
sikisaiさんでさえ、険しい山道と・・・^^;
いやぁ・・・ばんばには無理かも、です。
古の方々のご苦労が伝わってきます。
Commented by sikisai03 at 2015-10-30 17:03
pikorin77jpさん、こんばんは。
私も歩きながら同じことを思っていました。
今のようにしっかりとした履物の無い時代ですから素足に草鞋は辛かっただろうと思います。
街道の峠の辻には茶店があったのですね。
私の最初のブログの四季彩日記には飛騨の江戸街道の美女峠で、
比丘尼が餅売りをしていた茶店の記事を載せましたが、
時代劇に出て来るような茶店が何処にでもあったのでしょう。
峠越えで疲れてお腹も空いて・・・その時の茶店の団子はさぞかし美味しかったでしょうね。
Commented by sikisai03 at 2015-10-30 17:03
yassy127さん、こんばんは。
熊野詣でもたくさんの信者が通った道と思いますが案外狭いのに驚きました。
それにこの坂の急なこと・・・階段状では足も疲れて痛くなるでしょう。
本当に昔の人は強かったと思います。
これも信心の力でしょうかね。
歩いて熊野詣でなんて今では考えられないことですね。
Commented by sikisai03 at 2015-10-30 17:03
ばんばさん、こんばんは。
私がこの坂を登ると上から同年代?と思われるご夫婦が降りて来られました。
お二人とも元気そうで良い感じがしましたよ。
私も最近は足腰が衰え気味です(笑)、あの元気が欲しいと思いました。
車で移動の楽を覚えてしまって・・・ダメですね~
Commented by ねずまま at 2015-10-30 23:03 x
石畳の道は 疲れますね。地元の位山官道の 石畳の道を
初めて歩いたとき 昔の人は 本当に 大変だったなと
思いました。熊野古道は あちらこちらに 道があって
私が ちょこっと歩いたところは 海が見えるところでした。
植生が飛騨とは 違って 変わった樹木があり 草も
マルバフユイチゴの葉も 大きくて びっくりしました。
段々寒さが身に染みてくると 暖かい土地が うらやましくなりますね。
Commented by honokanikaorujp at 2015-10-30 23:56
こんばんは~
もう少ししたら更新時間ですね^0^
熊野古道 熊が出てきそう~
結構 アップウダウンが有りそうな山道ですね
Commented by sikisai03 at 2015-10-31 06:49
ねずままさん、おはようございます。
昔の街道は切り開いた細い道が雨水で流れないように石を敷いた所が多いですが、
兎に角歩き難いものですね。
よそ見していようものなら躓いてしまいます。
また急坂で階段状になっていると下りが特に足に来ますね。
歳とともに体力も衰えているのが良く分かります。
紀伊半島の植物で一番気になるのは藪のようになった大きな葉のイバラですね。
自然観察で少し入ろうものなら服に引っ掛けてえらいことになります。
飛騨には無い植物なので以前調べたらホウロクイチゴとのことでした。
変わった植物などやはり紀伊半島にはたくさんありますね。
Commented by sikisai03 at 2015-10-31 06:50
李音さん、おはようございます。
名前からすると熊が出て来そうですが九州同様に熊の生息が疑問視されているエリアです。
なので安心して歩けますが、昔は熊より怖いものも出たでしょうね(笑)
海岸端ばかりを歩けなくて峠越えの多い街道です。
<<  干物製造販売店  焼き栗の小石 >>