今年のキノコ狩り 五目採り

 キノコ教室のガイドをするとお客様が採って来たキノコを同定しますが、
 普通は半分ほどは食べられるキノコを採集しておられるものです。
 特別毒キノコが固まって出ている場合は別として案外毒キノコはそんなに多いものではありません。
 とにかく五目採りで集めてもらいます。
 色とりどりに集められたキノコには皆さん興味津々のようです。
 それほどキノコの色は美しく形もまた面白いものです。
 種類もいくつか採れた時は”きのこ鍋”に限りますね。
 キノコは種類が多いほどアミノ酸ンも色々で味も複雑で思った以上に美味しくなるものです。
f0290971_18442516.jpg

     ↑ キノコの五目採りが出来る雑木林

f0290971_18444344.jpg

     ↑ 古い切り株から発生したナラタケ

f0290971_1845087.jpg

     ↑ こちらはクリタケ

f0290971_184514100.jpg

     ↑ 土から出て来る美味しいシモフリシメジ

f0290971_14233512.jpg

     ↑ 五目採りで集めた食べられるキノコ (それぞれに名前を記入しておきました)
[PR]
by sikisai03 | 2015-10-08 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(10)
Commented by yassy127 at 2015-10-08 06:35
sikisai03さんにキノコ狩りガイドをしていただける人は幸せですね。
どんなキノコでも特定できるし、食べ方まで教えていただけるのですから。
それは楽しい山歩きでしょう。
↓のヤマブシダケは圧巻ですね。
生えているところといい、姿といい、存在感があって、写真に撮りたくなります。
Commented by honokanikaorujp at 2015-10-08 06:50
お早う御座います
釣りの五目釣りってのは良く耳にしますが
五目キノコって言うのは面白い^0^
ナラタケってシイタケにそっくりですね 生ってるのを見たら
完璧にシイタケと思ってしまいそう~
シモフリシメジは土から出てくるんですか?
木の子 では無く 土の子(ドノコ)ですね~~(笑)
その左下に出ているキノコがムラサキシメジですね
ガイドさんが居てくれると安心してキノコ狩りが出来ますね。
Commented by ばんば at 2015-10-08 07:45 x
五目キノコ・・・ばんばも先日散歩中に(!)たくさんのキノコみましたよ~
そっか…五目キノコと言えばいいんやね~
名前、パくろう!(いつか記事に…)

上の方(!)の言われるようにガイドさん付だったらばんばでもいくつかのキノコ採れるかも~~って思ってしまいました。
Commented by ねずまま at 2015-10-08 13:09 x
本当にバラエティに富んだキノコたち。
これだけゲットできるとうれしいですね。
それにしても もう シバカブレや クリタケが
タイコノバチも入っていますね。季節の早いものや
遅くに出るものも一緒に 発生しているような。 
ほろほろと日差しが入っている雑木林
歩いているだけで 癒されますね。
sikisaiさんのツアーに 参加したいです。
Commented by sikisai03 at 2015-10-08 17:04
yassy127さん、こんばんは。
私でも判断に困るキノコもありますが、基本的に猛毒はしっかり覚えています。
大体が毒では無いけど美味しくも無しと言った種類が多いので、
美味しく食べられるものだけ教えることにしています。
それでも結構な種類がありますよ。
ヤマブシタケは純白のハリセンボンのような形なので写真には面白いですね。
Commented by sikisai03 at 2015-10-08 17:04
李音さん、こんばんは。
これらのキノコは一種を狙って山に入ることが無いので、
メインの松茸採りや舞茸、しめじなどのついでに採る、いわば外道なのです。
なので魚釣りと一緒に五目採りと名付けました。
シメジ属のキノコは土から出ますが、それは単に土だけでは無く腐葉土が混じっていて、
それに菌床が棲み付いているのです。
そこから花が咲くように出るのがキノコだとこの前言いましたが、
キノコの種類では土から発生するものが圧倒的に多いです。
Commented by sikisai03 at 2015-10-08 17:04
ばんばさん、こんばんは。
五目○○は何にでも当てはまりますよ~
海釣りをしていると名も判らない魚が色々釣れます。
それと同じですね。
私のキノコ教室は山もなだらかな所でやります。
中年過ぎのご婦人も何度かお連れしました。
でも子供も一緒だと足並みが揃わなくて・・・(笑)
Commented by sikisai03 at 2015-10-08 17:04
ねずままさん、こんばんは。
シバカブレやクリタケはまだ本調子では無いですが出初めているようです。
今日スーパーでいくつかパックが出ていました。
シバカブレは昨年は不作でしたが、今年はどうでしょう?
ここで雨が欲しいのですが、しばらく晴れ続きですね。
きのこ狩り教室も今月中ですが、遅くなるとクリタケやムキタケが中心となります。
それと後は深山のナメコですね。
Commented by pikorin77jp at 2015-10-08 18:54
キノコ教室の先生もしていらっしゃるんですね。私も 毎年何回か山に入りますが 採るキノコは同じオオムラサキアンズタケだけです。あとは タニワタリ。それ以外のキノコは 主人がよくわからないから 採っちゃダメ!ていいます。でも名前が記入したある画像 役立ちます。これもって山にはいればいいですね。^^
Commented by sikisai03 at 2015-10-09 04:47
pikorin77jpさん、おはようございます。
”ネーチャーガイド飛騨自然塾”の一環としてキノコ教室も秋には開催しています。
タニワタリと言うキノコは地方名ですね。
こちらでは見た目でアカゴケと呼んでいますが正式にはサクラシメジです。
似たものにアケボノサクラシメジもありますが、どちらも少し苦味のあるキノコです。
飛騨では赤かぶと一緒にキノコを漬けたりしますが、その代表的なもので人気があります。
秋も早めに出るキノコなのでもう終わってしまいましたが今年もたくさん採れました。
キノコにはそれぞれ特徴がありますから毒キノコはしっかり覚えられると良いですよ。
<<  ころいもの煮付け  ゴマナ >>