シラタマノキ

 同じツツジ科小灌木のアカモノの赤い実に対し、このシラタマノキの白い実はシロモノ呼ばれています。
 実と言っても萼が肥大したものであり普通の実とは違います。
 この実を採取して25度の焼酎に漬けて果実酒を作り、
 それを水割り、炭酸水で割って飲むとサルチル酸メチルの様な香りがして美味しいです。
 以前山のガイドの時私が漬けたお酒を持参し、皆さんにふるまったことがありましたが結構人気でした。
 薬用の効能もあり、疲労回復を始め不眠、イライラ、疲労回復などに効くそうです。
f0290971_11311862.jpg

f0290971_11313869.jpg

f0290971_11315571.jpg

f0290971_1132570.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-10-21 00:03 | 山野草・木の花 | Comments(10)
Commented by pikorin77jp at 2015-10-21 09:52
おはようございます。sikisaiさんのような山のガイドをしてくださる方がいらっっしゃれば とても心強いですね。
私も主人も 山はあっても その中身はほとんど知りません。
ブログでお勉強させていただきます。
Commented by honokanikaorujp at 2015-10-21 15:15
こんにちは~
先日も今日もとても助かりました。
いつも有難う御座います 鉄砲玉さん何でもござれでびっくりです。

今日はツツジ科で白玉団子に似ているお花なんですね
果実酒が出来るんですか サルチル酸メチルを知らないので想像出来ないですが
植物の事、何でも詳しいって事は人が味わう事が出来ないものでも食せるって
知らずにスルーするより良いですよね~

実はエノコログサ イヌコログサで検索してもヒットしたんです??(笑)。
エノコロは方言ですか? 地方に依って違うのでしょうか~
Commented by sikisai03 at 2015-10-21 17:03
pikorin77jpさん、こんばんは。
山には色々な植物があって見て歩くも楽しいものです。
種類が判るともっと楽しいと思います。
私が案内するのは飛騨の山ですが、中国地方だと植物も違ったものが多いですね。
案外珍しいものが見付かるかも知れませんよ。
でも持ち山があると手入れなど維持も大変でしょうね。
Commented by sikisai03 at 2015-10-21 17:03
李音さん、こんばんは。
いえいえたまに間違っていることも有るかと思いますが・・・(^-^;
仕事がらある程度は覚えていますが、咄嗟だとなかなか名前が出て来ないものがあります。
もうすっかり老化現象です(笑)

サルチル酸メチルは俗に言うと湿布薬のあの「すーっ」とした匂いのようなものです。
でも微妙に湿布薬とは違うので余り気になりません。
清涼感があって良い香りですね。
木の実には色々利用できる物がありますよ。
今日はサンカクヅルの実でシロップを造りました。

イヌコログサが転じてエノコログサとなりましたので、検索するとどちらも出て来ます。
またイノコログサなんて入れても出て来ますが、これはコンピューターの検索機能が凄いからです。
字数の多い言葉は数文字合っていればヒットしますよ。
ちなみにエノコログサでヒットする数はイヌコログサの10倍程ありますから、
正しくはエノコログサと覚えると良いですね。
Commented by ばんば at 2015-10-21 19:41 x
シラタマの実・・・もう何年も見てないです。
これが果実酒になるのですか?
どんな色になるんだろ・・・・
湿布薬のあの匂い…?ウムぅ・・・・それは・・・・^^;
Commented by Meri-koenji at 2015-10-21 20:11
sikisai03さん、こんばんは♪
登山帰りに日帰り温泉、そしてお家ではシロモノ酒。身体の中からも外側もキレイになりそうな生活ですね(^∇^)
サカハチとイチモンジ、初心者の私でもわかりやすいです!百科事典をみるより、このブログをお気に入り登録しておく方が便利ですね。しかも美味しそうな植物や名所までみられますし(笑)
Commented by yassy127 at 2015-10-21 23:49
シラタマといえば白玉粉を連想しますが、まさに白玉粉で作ったお団子のような実ですね。
その実が果実酒にすると薬用の効があり、疲労回復を始め不眠、イライラ、などに効くと活用せずにはいられませんね。
私には毎日の必需品のようです。
こんな薬効のあるお酒売ってないかな?
Commented by sikisai03 at 2015-10-22 08:23
ばんばさん、おはようございます。
乗鞍へ登ると秋にはシラタマノキの実が見られますが、
案外標高の低い所でも有るもので、標高1000mを超えた辺りでも自生しています。
でも何処にでも有るものでは無くイワナシ同様局地的なものです。
果実酒、色は琥珀色になりますが、実際飲んでみると飲みにくい物ではありません。
一度機会があれば・・・(^-^;
Commented by sikisai03 at 2015-10-22 08:23
Meri-koenjiさん、おはようございます。
山の中に住んでいると日常なことで、結構山歩きを楽しんでいます。
お蔭で気持ちはリフレッシュ出来て元気なのですが、最近どうも足腰が・・・
遊び過ぎたツケが来たようです。(笑)
私のブログは最初の四季彩日記から続・四季彩日記、それのこのブログと、
音楽専用の四季彩日記partⅢがあります。
このブログにリンクを貼ってありますからまた暇な時にでもご覧下さい。
Commented by sikisai03 at 2015-10-22 08:23
yassy127さん、おはようございます。
仰るように純白の実でお汁粉に入れても良いような感じです。
ただ大きさは小さいですが・・・
シラタマノキの実の薬功は匂いを嗅いだだけで解るような気がします。
すーっとする匂いはそれだけで気分が良くなりますよ。
ネットで探してみても残念ながら今のところ市販はされていないようですね。
<<  飛騨 標高1.000m辺りの...  似た蝶 (サカハチチョウとイ... >>