白樺林

 「高原」と言って連想されるものの一つに白樺の樹が挙げられると思います。
 標高1.000mから1.500m辺りに分布し、それより上方のダケカンバと棲み分けをしているようで、
 山歩きの時の大凡の標高を知ることが出来ます。
 まだ夏の名残りで葉っぱの色は緑ですが、やがて黄葉すると樹肌の白と良いコントラストに・・・
 おまけに空が青かったら言うこと無しです。
f0290971_16565072.jpg

f0290971_1657396.jpg

f0290971_16571679.jpg

f0290971_16572993.jpg

f0290971_16574024.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-09-27 00:03 | 山歩き | Comments(6)
Commented by honokanikaorujp at 2015-09-27 00:27
今晩は~白樺の木肌って桜の木に似ていますね
以前、北海道を旅した時に 白樺の木は柔らかいって聞きました。
だから 北海道の木の彫り物は白樺が多いのだとか そうですか?
緑の中の白い木肌がとても綺麗ですね~素敵な記事でした。
Commented by ばんば at 2015-09-27 07:25 x
子供のころ、白樺の木肌をペロリん~~とめくって遊んだのを思い出しました。
なんといけないことをして遊んだんでしょう!可愛そうに~
Commented by 里中 at 2015-09-27 11:28 x
5、6年ほど前に乗鞍での観察のおりにガイドをなさっていた方ですよね。
東京からのグループで7月の終わりにご厄介になったものです。
あの時四季彩日記を教えて頂き拝見していましたが途中で止められたので寂しくしておりました。
でもそのリンクでこちらを見つけて訪問させて頂いた次第です。
今も山のガイドをなさっているのでしょうか?
あの時の仲間と時々また行きたいねと噂しているのですよ。
とても親切で解りやすい説明だったので皆喜んでいました。
乗鞍の時はクラブツーリズムでのツアーだったのですが、今度は仲間内でと思っております。
Commented by sikisai03 at 2015-09-27 17:03
李音さん、こんばんは。
白樺と桜は科が違いますが樹皮が横に捲れることは同じですね。
仰るように白樺は材が柔らかなので建築材などには不向きです。
なので伐採されても利用価値があまり無いですが彫刻位には使えますね。
ただ彫刻も脆いと細かな細工には向かないです。
北海道の熊の彫刻のような物には良いですね。
これから黄葉が始まると美しいですよ、見て癒される樹です。
Commented by sikisai03 at 2015-09-27 17:03
ばんばさん、こんばんは。
少しならまた回復しますから良いですが樹肌まで捲ってしまうと枯れます。
この皮は焚き付けに良いのでキャンプの時なんか使いました。
Commented by sikisai03 at 2015-09-27 17:04
里中さん、こんばんは。
ご訪問とコメントを頂き有難うございました。
そうでしたか、その節はどうも有り難うございました。
今は以前のように常勤で行っていませんが、個人的に時折案内はしております。
乗鞍や新穂高、また他のヤブ山など場所も色々です。
最近は山菜採りやきのこ狩りなどのご案内もしています。
ただ行ける日が少ないのでお客様のご都合に合わせ難いですが・・・
乗鞍は夏休みの期間中はガイドがお花畑を案内する日もありますのでまたお問い合わせ下さい。

思い出して頂いて光栄です。皆様に宜しくお伝え下さい。
<<  今年のキノコ狩り コウタケ  今年のキノコ狩り ヌメリスギ... >>