今年のキノコ狩り オオムラサキアンズタケ

 熱を加えると他に類を見ない独特のゼラチン質のような食感で、一度食べると癖になるキノコです。
 特に他のキノコと併せて炊くと本当に美味しく、鶏肉との相性も良いため一年に一度は必ず食したいものです。
 松の混じる雑木林の少し土が露出したような環境を好み、シメジなどと同じように列を作って出て来ます。
 今年もお蔭様でたくさんの収穫が出来ました。
 とりあえず茹でて塩漬けで保存します。
f0290971_19354100.jpg

f0290971_1941512.jpg

f0290971_1942963.jpg

f0290971_1945124.jpg

f0290971_1951224.jpg

f0290971_1953147.jpg

f0290971_1954520.jpg





[PR]
by sikisai03 | 2015-09-22 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(4)
Commented by honokanikaorujp at 2015-09-22 06:24
お早う御座います
オオムラサキアンズタケ 名前が長い~~(笑)
綺麗なウスムラサキですね 動画も観ました
わお~採り放題ですね~って感激しました(≧◇≦)
キノコって採った 後 また来年も同じ場所に成りますか?
根を残して採るんですか? ちょっと変な心配をしました(笑)
これはシイタケやマツタケみたいに軸が無いのですね。
マイタケみたいな感じかな~ こんなのスーパーに並んでいませんものね~
美味しそう~ 何だかお腹が空いてきました。
Commented by R-KATABE at 2015-09-22 13:01 x
これこれこのきのこ、前に東北へ行った時に山形の道の駅で売っていました。
買いませんでしたが五~六本入って千円ほどでしたが結構高価なものと思いました。
道の駅でもたまに毒きのこが売られていますが、
何も知らない消費者は毒でも買いますから注意して頂かないと困ります。
その点鉄砲玉様のブログに載っているきのこは大丈夫ですね。
ご本人が毒見済みですから(笑)
Commented by sikisai03 at 2015-09-22 17:04
李音さん、こんばんは。
漢字で書くと「大紫杏茸」と簡単ですが、カタカナは長いですね~
このキノコも一か所でたくさん出るので収穫量が多いです。
その年の天候にも依りますがキノコは毎年同じ場所に出ます。
それは地下にキノコの菌が回って「シロ」と言うものが形成されているからです。
木に出るものはその木の中に菌があります。
湿度と気温が発生に良い時期となったらキノコが出るのですが、
ちょうど花が咲くと思えば良いです。
花を採っても幹や枝が残っていればまた咲くのと同じですよ。
このキノコも残念ながら栽培は出来ませんから、山へ行って採って来るしかないです。
Commented by sikisai03 at 2015-09-22 17:04
R-KATABEさん、こんばんは。
そうでしたか、道の駅では時期になると山で採れたキノコを売っていますね。
でも最近はシメジと間違えてクサウラベニタケを、
ムキタケと間違ってツキヨタケ、クリタケはニガクリタケと、
毒キノコを知らないで売っていてニュースになりますね。
ちゃんと鑑定すれば間違うことも無いのに思い込みが優先されてしまうのでしょう。
売る側は本当に気を付けなければいけません。
私は怪しいキノコは食べないようにしているので、今まで中毒を起こしたことはありません。
またこのようなブログで間違って紹介することも許されませんからね。
<<  マツムシソウ  玉ねぎの醤油漬け >>