今年のキノコ狩り ウスムラサキホウキタケ

 昨年と同じ場所で採って来たウスムラサキホウキタケ、今年は少なかったですがその分この大型の株は見事です。
 右上の株の大きさは大人の頭ほど、その下は子供の頭ほどもありました。
 今年の夏は乾いて暑かったですがちょうど良い時に雨も降ってくれて、気温も下がって来たのでキノコの生育条件にはピッタリです。
 これから秋のキノコが少しずつ顔を出すと思うとワクワクしますが、キノコファンの皆様もきっと待ち望んでおられたことでしょう。
 この日の失敗は他の用事で出掛けて思い付いて寄ったため、カメラを持参していなくて生態の写真が撮れなかったことです。
 今度は忘れず携帯しなければ・・・
f0290971_9454012.jpg

f0290971_9455189.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-09-09 00:03 | 山の幸 きのこ | Comments(8)
Commented by ばんば at 2015-09-09 08:55 x
前記事の浜撫子、可愛いですね~~
飛騨では育たないでしょうか・・・な~んて~
見たもの可愛いもの、何でも欲しくなる山姥なのであります~^^;

ウスムラサキホウキタケ、ですか?
これはsikisai2さんのブログでしかお目にかかったことがなく、ましてや食べたこともありません~~
なんかシャキシャキっとした感じがしますね。
これからキノコ本番になって…sikisai2さんやどこかのお姉さまとか~~じっとしていられないですね~
Commented by honokanikaorujp at 2015-09-09 10:53
お早う御座います
今年もキノコ狩りのシーズン突入ですか?
たしかウスムラサキホウキタケは毒が無く
シメジの様に美味だと言われていましたね
大人の頭ほどもあるとは今年も大株で食べ甲斐がありそうですね。
食感はシメジににてますか?
しかし美しいキノコですね~まるで山の珊瑚って感じに見えます。
Commented by ねずまま at 2015-09-09 11:31 x
これはこれは 見事な ホウキタケ。。もとぶとですね。
悪天候にもめげずに 山に入られるとは さすが。 山からのご褒美でしたね。
私もご相伴にあずかり 感謝感激でした。こんな写真を見せていただくと
家で 家事なんて やってられない気分です。ただ 年々 体力減少で 気ばかりあせあせの
日々ですが。 前のブログ ハマナデシコ とネコノシタ。。。ネコは 肉厚の葉が ざらついているのが
よくわかりました。ナデシコは かわいいですね。ばんばさんと同様 わが庭に 欲しくなります。が
浜辺の 植物 山国飛騨では 所詮かなわぬ夢ですね。浜におけ 浜の花 とるのは 写真だけですね。
Commented by sikisai03 at 2015-09-09 17:04
ばんばさん、こんばんは。
海辺の植物は独特の環境を好むようですね。
人工的にそんな環境を造ればひょっとしたら活着するかも知れませんね。
でも飛騨の冬は寒く、きっと氷点下10℃以下では萎れてしまわないでしょうか・・・

昨年も同じ時期に記事にしたと思います。
キノコ狩りは日記を付けておいて毎年参考にします。
条件さえ良かったら毎年同じ時期に同じ場所で発生する種類が多いです。
今年は今のところ順調に発生していますよ。
ブログもまたしばらくはキノコ交じりの話題が続きます。
Commented by sikisai03 at 2015-09-09 17:04
李音さん、こんばんは。
年中キノコは発生すると言ってもやはり秋に出る種が多いです。
このウスムラサキホウキタケやタマゴタケを皮切りに次々と出て来るので忙しくなります。
ホウキタケの仲間には微毒の種類が多く、注意しなければなりませんがこれは大丈夫です。
味はあまり感じられませんが食感はどちらかと言うと舞茸のようなしっかりとした歯応えです。
名前ね~、箒と言うよりやはり珊瑚のようですね。
Commented by sikisai03 at 2015-09-09 17:04
ねずままさん、こんばんは。
この日は鎮守の森の秋祭り後の旗倒しの日でした。
午後からだったので朝少し時間を見て行って来ましたよ。
「今年はどうかな?」と少し心配でしたがちゃんと出ていました。
これを見たら「今年のキノコは当たり年!」と思い昨日も・・・
雨でも気持ちが後押ししてくれます。
山のキノコは知っている人にしかおすそ分け出来ません。
「毒じゃないかな?」と不安気に食べられるのもかえって気になりますからね。

海辺の植物は移植は多分無理と思いますが、種を蒔いて育てたらどうでしょう?
上手く着くかも知れませんよ。
Commented by yassy127 at 2015-09-09 21:26
美しいキノコですね。
それに大きいのですね。
こんなのを見つけた時はわくわくするでしょうね。
山の幸の極み見たいな感じで、山を愛する sikisai03さんに山がプレゼントしてくれたようですね。
さてどのように調理されますか。
Commented by sikisai03 at 2015-09-10 17:04
yassy127さん、こんばんは。
キノコの造形は色々で、鮮度が良いキノコであれば美しさも際立ちます。
これで数日経つと虫が入ったりして形も崩れ色も褪せます。
ちょうど良いタイミングで出会うのがなかなか大変ですが、
この日は神も見捨てなかったようでラッキーでした。
取り敢えずサッと茹でて塩漬けにしました。
秋遅くの赤かぶと一緒のしな漬けに漬けようかと思っています。
<<  道の駅 きょなん  ハマナデシコ >>