房総半島最南端 野島崎

 房総半島の最南端野島崎は黒潮が岩礁を洗う岬です。
 野島崎沖は太平洋から東京湾へと入る船舶には重要な航路で、その分往来も多い場所でもあります。
 岬周辺は公園となっており、石像彫刻が並べられたり、海を見下ろす岩礁には恋人スポットのベンチが備えられており、 
 散策路も充実していて立ち寄るには良い所です。
f0290971_16504375.jpg

f0290971_16505562.jpg

f0290971_1651598.jpg

f0290971_16511536.jpg

f0290971_16512446.jpg

f0290971_16513510.jpg

f0290971_16514510.jpg

f0290971_16515979.jpg



[PR]
by sikisai03 | 2015-09-15 00:03 | 小さな旅 | Comments(2)
Commented by ねずまま at 2015-09-15 20:59 x
いかにも暖かい地の 香りがする 風景です。
朝日と夕日の見えるベンチに一時の休憩をしたいです。
伝説の立札の注意書きが 何とも言えないユーモアを感じました。
Commented by sikisai03 at 2015-09-16 17:03
ねずままさん、こんばんは。
広い芝生と椰子の木で南国の情緒タップリですね。
南紀や九州の宮崎などでもこんな感じで飛騨しか知らないと外国のような気分です。
このベンチ、たまたま開いていましたが以前はこの辺りに結構たくさんのカップルが居て、
もちろんベンチになど座れませんでした。
看板の赤い文字は特に注意を喚起していますが、微笑ましく思えました。
<<  ウスヒラタケ  ラセイタソウ >>