ムラサキシジミ

 蝶や蛾の翅の模様は裏と表でまったく違う種も多いですが、このムラサキシジミもその一つです。
 裏面は一様に茶褐色で模様らしい模様も無く地味ですが、表は黒に縁取られた青色が美しく輝いて見えます。
 日中はなかなか翅を開いてくれないのですが、午前中の早い時間は太陽の光を浴びるため開いて止まることが多く、
 その時がシャッターチャンスです。
 幼虫は樫や小楢の葉を食べて育つ里山の蝶でどちらかと言えば暖地性の蝶です。
f0290971_1311167.jpg

f0290971_16473539.jpg

f0290971_16474915.jpg

f0290971_16475945.jpg

f0290971_164885.jpg

[PR]
by sikisai03 | 2015-08-31 00:03 | 自然の仲間たち | Comments(0)
<<  東京湾アクアライン 海ほたる  ヨコワサルオガセ >>